ブータンの見どころ

Where to go

世界の旅行者から、「最後の秘境」、「シャングリラ」と評されるブータンは、ヒマラヤ山脈の東端にある仏教王国です。国土のほとんどを覆う山岳地帯には、手つかずの大自然が残されており、ブータンを訪れる人々を楽しませてくれます。また、近隣の仏教文化圏が近年のグローバリゼーションの中でその文化的特徴を失いつつあるのに比べ、ブータンには今もなお中世の雰囲気を感じさせるオリジナルな仏教文化を色濃く残しています。
 こちらのページでは、ブータンを大きく4つの地域に分類し、それぞれの地域の特徴や見どころをご紹介しています。下記の地図からボタンをクリックするか、各地域のリストから詳細をご覧になれます。


東ブータン

東ブータンでは、手つかずの自然の中でのトレッキング、歴史や文化を満喫できるツアー、壮大な景色、美しい織物、大自然の神秘などをお楽しみいただけます。


西ブータン

西ブータンは、ティンプー、パロ、ハ、ワンデュ・ポダン、プナカ、ガサの6つの地域から成っています。西ブータンではさまざまな楽しみ方をしていただけます。


中央ブータン

中央ブータンは、トンサとブムタンの2つの地域から成っています。中央ブータンはユニークな魅力を持っており、神聖な遺跡の宝庫でもあり、またブータンの歴史を物語っている場所でもあります。


南ブータン

南部の地区は、国の環境保全の中心となっており、サムチ、チュカ、ダガナ、チラン、サルパン、シェムガン、ペマガッツェル、の7つの地域から成っています。