書籍:ブータン 国民の97%が〜

2011年4月1日、「ブータン 国民の97%が”ハッピー”な国 「他人はきょうだいの始まり」」が、レーヴックより出版されました。

書籍情報

出版社レーヴック
商品URL(amazon)アマゾンへのリンク
概要(amazon)史上初の選挙が行われ、立憲君主制がスタートした2007年~2008年の、歴史的大転換期のブータンを描いた、エッセー調のガイドブック。「GNH(国民総幸福)」で注目される同国だが、自殺もテロ事件も存在し、ネパール系ブータン人問題は未解決のまま。「国勢調査で、97%の国民が"ハッピー"と回答した」という結果を知った著者が、疑念を抱きながらブータン全国を歩いて集めた、50人あまりの「声」と三度の現地取材に基づいて"ハッピー"を検証。第4部では、ブータンを通して著者が発見した、戦後日本の不幸の一因を紹介。「ハッピー」へのヒントが見えてくる。