JCBとBank of Bhutanのカード取り扱い提携

日本の国際カードブランド運営会社である株式会社ジェーシービーの海外業務を行う子会社、株式会社ジェーシービー・インターナショナル(以下、JCB)は、ブータン大手金融機関 Bank of Bhutan Ltd.と提携し、Bank of Bhutan 傘下の加盟店における JCB のデビット及びクレジットカードの取り扱いを順次開始致しました。今回の提携は日本・ブータン外交樹立 30 周年を記念した 2016年に、ふさわしい取り組みとなります。

 

1968 年に設立された Bank of Bhutan Ltd.は、ブータン国内で最も古く最大の銀行です。Bank of Bhutan Ltd.は、国内に29支店を持ち、ブータンで唯一ビザカード、マスターカードの提携を持つ銀行です。

 

既に導入されているビザカード、マスターカードに加えて、JCB カードの新規導入によって、Bank of Bhutan では、3社の主要な国際カードブランドの対応が可能になり、世界で発行されている主要な国際カードブランドのほとんどがカバーされます。現時点で Bank of Bhutan では、ブータン国内に480以上のPOS 端末加盟店及び82のATMを設置しています。

 

Bank of Bhutan Ltd.最高経営責任者ペマ・ナディック氏は、「JCB カードのブータンへの導入は、 日本人旅行者にとって待ち望まれていたものでした。今回ブータン全土のBank of BhutanにおけるPOS加盟店やATMでJCBカードが使用できるようになることで、JCBカードを利用しているブータンを訪れた方々が、この支払い方法を通じて安全に支払いを行うことが可能になります。」とコメントを述べています。

 

ブータン初の金融機関でブータン国内におけるカード加盟店の90%を占めているBank of Bhutan Ltd.と日本の国際カードブランド会社 JCB が提携したことにより、両国の交流は一層活発になり、 日本人観光客にとってもショッピングが、より気軽に出来るようになると期待されています。

 

 

 

 

 

IMG_8327-2