動植物

ブータンは三つの地帯に分けることができます。森林が全く無い高山地帯(標高4,000メートル以上)、針葉樹林や広葉樹林が広がる温帯(標高2,000メートルから4,000メートル)、熱帯や亜熱帯の植物が自生する亜熱帯(標高150メートルから2,000メートル)です。標高と気候が幅広いため、ブータンの動植物は多様性に富んでいます。

ブータンの森林は、針葉樹林、広葉樹林、混合樹林、モミやブルーパインやヒマラヤマツの森、高地や低地の硬木の森などです。東ヒマラヤに自生する植物の約60%が、ブータンで見つけられます。ブータンには、約300種の薬用植物、約46種のシャクナゲを誇っています。よく見られるのは、モクレン、ビャクシン、色々な色のラン、リンドウ、薬用植物、ジンチョウゲ、ダイオウ、国花であるブルーポピー、そしてマツやカシといった熱帯樹などです。

ブータンのジャングルでは、多様な動物を見つけることができます。標高3,000メートルから4,000メートルの地帯に生息する動物では、ユキヒョウ、ベンガルタイガー、レッサーパンダ、ゴーラル、ラングール、ツキノワグマ、サンバー、ブタ、ホエジカ、ブルーシープ、ジャコウジカが見られます。熱帯の森では、ウンピョウ、サイ、ゾウ、固有種のゴールデンラングール、水牛、沼シカなどが見られます。

ブータンは、鳥類についても多様な生態系を持っています。221種の固有の鳥が集まる東ヒマラヤの“ホットスポット”として知られています。670種以上の鳥が記録されており、今後更に多くの鳥が発見されると思われます。

更に、ブータンにいる鳥の57%は世界的な絶滅危惧種で、90%は国指定の珍種になっており、森に生息しています。ブータンには約415種の鳥がいます。これらの鳥は移動性で、季節や天候によって山の上へ行ったり下へ行ったりします。約50種の鳥は冬の渡り鳥で、ホオジロ、ツル、カモ、ツグミ等、捕食性の鳥です。約40種は一時期だけ飛来する鳥で、ツバメ、カッコウ、ハチクイ、ヒタキ、ウグイスなどがいます。

ブータンはまた、16種の世界的な絶滅危惧種の生息地であります。例えば、アオサギ、フィッシュイーグル、オオカワセミなどです。ワンデュ・ポタン区のフォブジカ谷と、タシ・ヤンツェのBomdelingの2箇所は、絶滅危惧種のオグロヅルが訪れる重要な場所です。10箇所あるホットスポットの1箇所として、ブータンはこの豊かな自然環境を、保全団体を通じて保護しようとしています。

保全団体の例は下記の通りです。

  • National Environmental Commission (国家環境機構)
  • Royal society for protection of nature club throughout the country.(王室自然保護団体)
  • Department of Forestry Services.(森林省)
  • National Conservation Department(国家保全省)
  • Bhutan Trust Fund.(ブータン信託基金)
  • Donor Organization.(寄付団体)
  • Association of Bhutan Tour Operators.(ブータン旅行協会)